詰棋書紹介(31) 現代詰将棋中編名作選


現代詰将棋中編名作選 中編名作選制作委員会
角ブックス 2018.7.15

「中編名作選」という本は間違えやすい。
ちょっと整理しておく。

左が「古今中編詰将棋名作選」、右が「現代詰将棋中編名作選」だ。

古今中編詰将棋名作選」には江戸時代から昭和51年(1976)までの17手~29手の選ばれた傑作200局が集められている。
現代詰将棋中編名作選」には昭和52年(1977)から平成28年(2016)までの19手~29手の選ばれた傑作が300局集められている。

そして31手以上の「古今中編詰将棋名作選第2集」という本がある。(筆者は所持していない)
そして今秋に角ブックスから出る新刊は、この第2集の後継にあたる「現代詰将棋中編名作選」なのだ。手数は31手~49手。

中編の手数が17手~39手だったり、19手~49手だったり、時代によって変わるが、どちらにしても範囲が広すぎるということで2つに分けているのでこんがらがりやすい。

さて、名作・傑作といっても人の好みは様々だ。
そこで、本書は30名が10作ずつ選んで、選んだ作品を解説するという造り方をしている。
したがって選者ごとに選ぶ作品の傾向も異なる。
どなたにも心に残る名作を見つけることができるだろう。

さて、1作選んで紹介するスタイルできたこのシリーズだが、今回はやめようかとも思った。
とても1作に絞れないからだ。
でも、楽しみにしてくださっている方もいると思うので、強引に1作選んだ。

角建逸 現代詰将棋中編名作選 第51番 近代将棋 1984.5

この作品を紹介したのはもちろんこの作品が大好きだからだが、決め手は解説の金子義隆さんの文章が気に入ったからだ。

作者はその後改作しているが、私はこの図が好みである。

つまりこの図は近い将来出版されるであろう角建逸作品集には載らないのだ。
載るのは当然ながら、作者による改作図である。

作図経験を積んだり、歳をとったりして作者の好みが変わってくることはよくある。
そこで過去の作品を改作し、古い作品はもうこの世から消えてなくなってほしいと願う(かもしれない)。

この作品のことではないが、よくあるのが発表図は「解答者から高評価を得よう」と紛れも豊富で変化も山盛りに欲張った図なのを、後に解脱してスマートに作り直すパターンだ。
しかし、過去の煩悩にまみれた熱い作品を、改作された落ち着いた作品より好きだと選ぶ解答者だっているかもしれないのだ。
一度発表した図を、忘れてくれ消し去ってくれ引用しないでくれという権利は作者にもないのではないだろうか。

しかし大概は作者の意向を尊重するものだ。
だってそもそもその作者の作品が好きなんだからね。
お互い様だし。

そこを敢えて改作前の図を選んだ金子義隆氏の詰将棋愛に感動を覚えるのだ。

つみき書店で購入できます(^^)。

詰将棋入門(50) 二歩禁回避

村山隆治 五風十雨 第89番 近代将棋 1976.11

「詰将棋の考え方」や「詰将棋教室」などの著作がある作者。
このブログでは#創作講座を読むで何度も紹介している。
続きを読む 詰将棋入門(50) 二歩禁回避

二流作家のメンタルヘルス(8)

風みどり


続きを読む 二流作家のメンタルヘルス(8)

「盤上のパラダイス」入荷しました

  • 売り切れでご迷惑をおかけしていました若島正「盤上のパラダイス」ですが、入荷しました。
  • 「Limit 7」に続くつみき書店制作詰棋書第2弾は「野村量の詰将棋500」です。詰将棋全国大会での発売を目指して鋭意製作中です。みなさまお楽しみに!間に合わなかったら御免なさい!!
  • 第3弾は昨年から交渉中ですが、未だよい返事をいただけていません。引き続き頑張ります。

詰棋書紹介(30) 信濃路


信濃路 赤羽守詰将棋作品集
赤羽守 角ブックス 2012.7.15
続きを読む 詰棋書紹介(30) 信濃路

詰将棋入門(49) 最遠打で打歩詰回避

栗原寿郎 詰パラ 1952.2

小林淳之助「ブルータスお前もか!」で有名な作品だ。
98角・99香の仕掛けが大きなヒントになっている。(頁のタイトルもね)

続きを読む 詰将棋入門(49) 最遠打で打歩詰回避

詰将棋雑談(12) 歴史に「もし」はないが

小西稔は若くして亡くなられた方。北村研一も若かった。奥薗幸雄もそうだ。

もしこれらの天才作家たちが長生きして詰将棋を続けていたら、いったいどんな素晴らしい詰将棋を作ってくれたのだろう。現代の最新流行に刺激されたらどんな発想を見せてくれるのだろうか。

歴史にもしはない。
彼等が作ったかもしれない名作・傑作は永遠に失われてしまった。

……実は、オイラはそこんところちょっと楽観派です。
続きを読む 詰将棋雑談(12) 歴史に「もし」はないが

詰将棋のルール論争(6) 変長

1 詰将棋の範囲

「余詰」といったり「不完全」といったりしますが、要するに「詰将棋の仲間に入れないよ」ということです。
「あなたがそういうものを創って楽しむのは自由だが、それを詰将棋とは称するのは迷惑だからやめてね」。
私は創ったものを見せ合って解いて楽しみ、評価を聞いて楽しむという範囲をわざわざ狭めていく必要を感じません。
賛同者はどうせいないだろうときりあげた1-2手余りの禁止だって、検討の余地はあると思っています。(詳しくは雑談で)
内容が面白ければ「持駒余」と表記して出題してもいいんじゃないかと思っています。

さてこのシリーズはその詰将棋の範囲にしてもなかなか共通認識にはならないし、さらに時代とともに変遷してしまう儚いものだという記述を延々と続けております。
続きを読む 詰将棋のルール論争(6) 変長

詰棋書紹介(29) 般若一族全作品

黒田紀章という人物は「昔の」将棋指しという雰囲気を纏っている。
続きを読む 詰棋書紹介(29) 般若一族全作品

更新情報

  • 詰将棋雑談(2) 邪魔駒消去に追記しました。
  • 詰将棋のルール論争(5)に追記しました。
  • 他にも追記した頁はありますが、自分でも忘れてしまうので、「追記あり」のタグを作りました。サイドバーの下の方にありますので、たまにクリックしてみてください。(時系列に並ぶといいんだけどなぁ)

詰将棋で遊びましょう